災害時の家族との緊急連絡網の作り方

家族で災害に備えるための防災情報サイト

いざという時に!意外と重要な連絡方法の確認

緊急連絡網には家族以外の人も含める

家族の緊急連絡網を作る際には、家族内の連絡先だけでなく、離れた場所に住む親戚や近所付き合いのある人の連絡先もリストにいれておきましょう。
災害発生直後の被災地ではテレビやラジオ、ネットが使用できず、情報がなかなか手に入らなかったために、避難が遅れてしまうということもあります。
遠方に住む親戚から正確な情報を伝えてもらったり、近所での避難場所、現場状況などが確認できるネットワークがあると、被災直後でも落ち着いてより安全な避難行動へと移すことができます。

また、連絡先の書かれた紙やメモを持ち歩くのが不安という方は、緊急時に位置情報やメッセージなどの送受信が簡単にできるSNSやスマートフォンアプリがあるため、高齢者やお子様のいる家庭でも紙媒体以外で連絡先の共有ができます。
各家庭の1人1人の状況に合った利用しやすい連絡方法を家族で話し合い、情報を共有しておくことが連絡網を作るときのポイントとなります。

家族との集合場所と避難経路の確認

災害が起きたときに家族が離れた場所にいる場合、どこへ集合するのかということも決めておきましょう。
大きな災害の場合、自宅の倒壊や、家具の落下などが考えられるため、必ずしも自宅での待機が安全とも限りませんが、家の築年数や耐震性能、ライフラインがどれだけ確保できるのかなどを考え、自宅で家族全員が揃ってから避難所へ移動するのか、すぐに近くの避難所へ移動し、そこで集まるのかといったことを話し合っておくと、災害時に家族の安否確認も行いやすくなります。

また、地震や津波、台風など、災害の種類によって避難場所は異なってくるので、国土交通省や各市区町村のホームページからハザードマップを入手し、それぞれの災害に合わせて避難場所と避難経路を家族で共有しておきましょう。


この記事をシェアする