災害時の家族との緊急連絡網の作り方

家族で災害に備えるための防災情報サイト

緊急時に利用できるサービスとは?

災害用伝言サービスの利用方法

auやドコモ、ソフトバンクなどの各通信会社では、被災地でもスムーズに連絡が取れるよう、Webを使った伝言板や、携帯電話やPHSなどで伝言を録音し、全国のどこからでも録音内容を再生できる伝言サービスが提供されています。

災害用伝言ダイヤルの使い方は、局番なしで「171」をプッシュします。
その後音声ガイダンスが流れ、連絡を取りたい相手の電話番号を入力すれば、30秒間の間に安否情報など自由に伝言を録音・再生することができます。
伝言板は、災害発生時に各通信会社の公式サイトトップ画面に案内分やURLなどが表示されるようになります。
ガイダンスに従って「無事です」、「避難所にいます」など現在の状況を簡単に説明するコメントを選択し、任意で100文字程度のメッセージが登録できます。
伝言を確認する場合は連絡を取りたい相手の番号を入力すると登録されているメッセージが確認できます。

伝言サービス以外にも活用できるツール

通話規制や回線混雑によって通話ができない状態にあるときはSNSを活用してみるのもお勧めです。
Facebookでは大きな災害が起きた時のみ「災害情報センター」というものが利用できるようになります。
この災害情報センターでは、利用者が登録している居住地や位置情報へのアクセスによって被災地にいることをFacebookが識別すると、安否確認の通知が自動で届くため、個別に連絡を取らずとも、Facebookで繋がっている家族や友人の被災状況を確認したり、知り合いに自分の安否を知らせることができます。
また、Twitterではハッシュタグを使った情報収集ができるだけでなく、救助が必要な時に電話が繋がらないという緊急の場合にはこのハッシュタグ機能を使うことで救助を要請することもできます。


この記事をシェアする