災害時の家族との緊急連絡網の作り方

家族で災害に備えるための防災情報サイト

災害に遭った時を想定しながら防災対策を!

家の中でできる安全対策

震災でのケガや死亡の要因のほとんどは家具の転倒によるものです。
ガラス窓の付いている棚や、重いものを詰め込んでいる家具は転倒時に大けがに繋がる可能性が高いので、棒や金具で壁に固定したり、寝室に倒れやすい背の高い家具を置かないようにするなどの工夫をしておきましょう。

また、大災害によってライフラインが停止する場合に備えて、家の中にある程度の非常食や飲料水を常備しておくことも必要です。
非常時に持ち出す防災グッズは普段使わないため、物置や押し入れなどに置いているという方も多いでしょうが、災害時には家全体の物が散乱することもあるため、寝室や自宅内で最も安全な場所など、誰もが分かりやすく、すぐに取り出せる場所に置いておきましょう。
防災週間には各市区町村などの自治体で防災啓発のためのセミナーや行事が開かれており、大震災の疑似体験や災害用伝言サービスが体験利用できるので、家族で参加してみることもお勧めです。

災害時にはまず自分自身の安全を確保する

災害発生時やその直後は慌てて行動してしまいがちですが、まずは自身の安全を確保することを最優先にし、落ち着いて行動することを心掛けましょう。
震災の場合は、慌てて自宅や建物内から飛び出さず、大きな家具やガラス窓から離れ、家の土台となる大きな柱などの頑丈な場所や机の下へ避難するなどしましょう。
近くで土砂崩れやがけ崩れの可能性がある場所であれば、揺れが収まった後はすぐにその場所から離れるようにします。
津波警報や注意報が出た場合は速やかに高台や、指定の津波避難ビルなどへ移動するようにしましょう。
災害発生直後は家族や身内の安否状況が気になり、連絡をすぐに取ろうとする方も多いでしょうが、建物の倒壊や火災など、周囲に二次災害の恐れがないかを最初に確認してから、安否確認を行うと安心です。


この記事をシェアする